2014年08月15日

「伏見の吟醸酒房・油長」2014.1.16

 京都市伏見区・大手筋商店街。その中程に「吟醸酒房・油長」と言う酒屋がある。入口には伏見の数々の銘柄の他、焼酎、ワインなどがぎっしり並べられている。一見したところ間口の広い普通の酒屋だが、店内に入ると少し奥まった部屋の右手に長目のカウンターが見える。いつも何人かの客がカウンターに座り、思い思いの伏見の酒を味わっている。カウンターの前には白髪でいかにも上品そうな店の主人とその息子さんが立ち、ついだ酒についてその造りや味わいを説明する。
 この油長を知って足掛け15年になる。

伏見1.JPG

 カウンターに座ると主人が前に立ち、伏見の銘柄を網羅したリストの冊子を差し出す。その数の多さに驚く。蔵元19社の吟醸・大吟醸を中心に70〜80種。どれを選んでいいのか迷っている客には主人がサッとお薦(すす)めの酒を提示する。

伏見2.JPG

 「唎(き)き酒3点セットがあります。今の時期では○と○。○もしぼり立てでいいと思います。グラス一杯で飲んでもらっても結構です」
 常連でない客は大抵主人のお薦(すす)めに従う。アテとして小さく賽(さい)の目に切った豆腐と梅クラゲなどが出される。チビチビと酒を味わい、次の三種のお替わりをする。
 15年前、妻とフラリと入った。このカウンターが気に入り、年に数回「油長」を訪れるようになった。何度も通ううちにご主人にも顔を覚えてもらい、店内で催される伏見の蔵の唎き酒会の案内状をもらうようになった。「油長」近くにある「蒼空」の蔵、藤岡酒造もご主人から教えてもらった。藤岡酒造に行く時は通りからそっとカウンター内をのぞき込み、お姿を見かけると「お元気そう」と妻とことばを交わし合う。

藤岡酒造に年始のごあいさつに行った帰り、久しぶりに「油長」に立ち寄った。カウンター内には息子さんだけがいた。奥にある小部屋をのぞくと、入口近くに椅子に座っているご主人の姿が見えた。「ちょっとごあいさつに行ってくるヮ」妻に言いご主人の元へかけ寄った。孫の男の子の相手をしていたご主人は私達のためにわざわざカウンター内に来て三つのグイ吞みを並べた。

伏見3.JPG

 「『英勲』にごり酒と『月桂冠』の荒ごし原酒にごり酒がいいですよ」いつもの口調でお酒を薦められた。
 にごり酒は少し苦手だがご主人の薦める酒にまちがいはない。すぐさまそれに決めた。「私もそれにする」妻も同調した。「あと同じ『英勲』で無圧搾り純米大吟醸。飲み比べてみる」差し出されたリストを見て、妻は即座に決めた。旅行先とか服の品定め時とか即断できないのに、地酒となると即決する。
 三種類の酒はどれも口当たりがよくスッキリして美味しかった。
 さっきまでおじいちゃんに相手してもらっていた男の子が店内に来て、常連さんの差し出す酒瓶のラベルを見て名前を言い当てている。
 「お孫さんお幾つになられましたか?」
 「3才になりました。上の女の子は小学校5年です」ニコリと笑いながらご主人が答えた。レジでおばあちゃんやお母さんの手伝いをしていた女の子がいつの間にかカウンター内に入り、グイ吞みを運んだり、出されたお酒の瓶を片付けたりしてパタパタと手伝っている。家族みんなでお店を切り盛りしている。このアットホームな雰囲気が何とも心地よい。そんな光景を眺めながら酒を味わっているとゆったりとした気分になり、カウンターを離れがたくなる。
 「退職したら、『油長』と『蒼空』の蔵で一日お酒を飲んでゆっくりしていたい」
 そばにいた妻がポツリとつぶやいた。
posted by yoidore at 11:31| Comment(0) | 連載

2014年08月14日

「千葉県、佐原・『東薫酒造』」2014.7.29

 息子・娘に会いに千葉を旅行した時、香取市、佐原の「東薫酒造」を訪ねた。
 東京からJR総武本線と成田線を乗り継ぎ、佐原には午後二時過ぎに着いた。
 佐原は「北総の小江戸」と呼ばれ、古くから利根川水運の中継地として賑わった町だ。黒壁の蔵を持つ商家や千本格子の町家が小野川沿いに軒を連ね、江戸時代の面影を残している。旅雑誌に載っていた町並みを見て、ぜひともこの町に行きたいと思った。
 「『東薫酒造』という酒蔵もある。日曜日も蔵は開いていて、酒蔵見学も出来るそうやで」妻に告げた。
 小野川沿いの町並みを歩き、海産物の干物や佃煮などを売る元醤油蔵や民芸品の店で土産を買ったりしていると三時過ぎになった。

東薫1.JPG

 「蔵見学は4時までだから、先に酒蔵に行こう」
 伊能忠敬旧宅など見どころがまだ残っているが、小野川沿いの中心街を離れ、南西へと伸びる道を辿った。

東薫2.JPG

 酒蔵に着くとちょうど最終見学の時間だった。案内の男性に導かれ、薄暗い蔵に入る。目の前に大きなタンクが幾つも並んでいる。「6681リットル、一升瓶3710本、7,420,000円」と書かれた紙がタンクに貼ってある。
 「一日一升飲んでも10年はかかります」具体的な説明にやっと実感が湧いた。
 蔵の二階に上がる。低い天井の、広い板敷きの部屋だ、床板の所々に八角形に切った大きな穴が開いている箇所がある。
 「ここはさっきのタンクの蓋に当たる所です。覗くと蓋が見えるでしょう」
 隣の狭い部屋に行く。幾本かの酒瓶を並べたガラスケースの前で案内の男性が説明する。 
 「昔は佐原には35軒の酒蔵がありましたが、今は2軒だけになりました」
 ガラスケースの上には何枚もの賞状が並べられている。
 「この『叶』という大吟醸酒は全国新酒鑑評会で今年も含めて14回金賞を受賞したお酒です。一升瓶で原価、1万5千円です。及川恒男という南部杜氏によって造られました。『十人の口に合う酒』という意味で『叶』と付けられました」男性は漢字の「十」と「口」を指さしながら説明した。
 「隣の酒は『夢』という大吟醸ですが、精米度が少し低く、一本5千円です。『叶』と合わせ、『夢が叶う』酒です」男性は慣れた口調で語り続けた。
 一階に降り、酒造りの古い道具を見学した後、中庭に戻り、いろいろな種類の酒を試飲した。「叶」だけは有料で、グラス一杯300円したが、やはり蔵の人が自慢するだけあってコクのある旨い酒だった。
 土産に「卯兵衛」という純米吟醸酒と、「東薫」純米吟醸原酒の720mlを買った。
 東薫酒造は文政八年(1825)創業だという。
 水郷地帯の良質の米と水運に恵まれ、170年間酒造りを続けてきた。大阪ではあまり見かけない酒だが、蔵人が誇りを持って世に送る名酒だと思う。
 江戸の面影を色濃く残すこの佐原の地で、いつまでもこの名酒が醸され続けることを願った。
posted by yoidore at 15:14| Comment(0) | 連載

「大阪地酒天満大酒会」2014.5.27

 新聞の催し物欄に「大阪地酒天満大酒会」なるものを見つけた。
5月25日、日曜日、天満橋1丁目のOAP(大阪アメニティパーク)特設会場、11時から16時までとある。
 「大阪の酒蔵12軒が出店するらしいで、これは行かないと」妻に言った。
 「中間テスト頑張って作るワ。問題できたら行く!」妻は朝からパソコンの前に座り続けた。
 テスト問題が完成したのは結局午後2時半過ぎ。OAPまでタクシーを飛ばすことにした。
 桜の宮公園近くの大川西沿いにあるOAPタワー1階の屋外特設会場は、民謡の唄と踊りで大いに盛り上がっていた。
 本部テントでチケット100円券10枚綴りを2冊買う。
 「80mlのグイ呑みは300円です。お酒は1杯100円から300円のものまでいろいろあります」案内の人が説明した。
 時間はあと1時間。会場はそれでもまだ、大勢の日本酒好きの人々で賑わっている。

天満1.JPG

 「あまり知らない蔵の酒から飲もう」会場入り口にある「清鶴」のテントに行く。二人同じ酒を二杯だとチケットもすぐなくなり、多くの種類の酒を飲めないので一杯を二人で分け合うことにした。
 純米吟醸を選んだが、少し米っぽい味だ。パンフレットをもらう。
 「ああ、摂津富田の蔵ですか、前に行ったことがあります」酒を注いでもらった兄ちゃんに言った。でも、その時は夕方遅くで、すでに蔵は閉まっていた。
 続いて、その先にある「三輪福」という酒のテントに行く。純米酒はそんなに米っぽくなく、スッキリして美味しかった。
 「蔵はどこにありますか?」「岸和田です」パンフの地図を見ると、岸和田の東、久米田近くにある井坂酒造場だ。
 「知りませんでした。また一度蔵に行かせてもらいます」蔵の女将らしき人に告げた。
 「こんにちは!」妻に一人の男性が声を掛けた。
 「エエ!?何でまた?」妻が驚きの声をあげた。そばで二人のやりとりを聞いていると、どうやら妻の学生時代の同窓生のようだ。
 「このOAPのビルで会合があって帰りにちょっとのぞいてみたんです」二人はしばらく懐かしげに立ち話をした。
 向かいのテントに移動する。
 「秋鹿」、「片野桜」と大阪を代表する名酒の蔵はどちらも完売し、すでに後片付けが始まっていた。
 「さすがやなあ、でも、どっちもよく近くの居酒屋で飲むからいいか」
 その向こうにある「國乃長」の蔵に行く。さっきの「清鶴」と同じ摂津富田の蔵だ。店頭に並ぶ幾本かの酒瓶のそばに貼り紙がある。
 「けさたんとのめやあやめのとんたさけ」
 「これ回文なんですね、前から読んでも後から読んでも同じ文になるんですね」妻が女将さんに言った。
 「よくご存知ですね」「前に蔵に行った時、塀の角に貼ってました」
 続いて私も声を掛けた。
 「私はカルチャー講座の寺内町歩きでも蔵に行ったことがあります。地ビールも造っておられるんですね」
 「隣のテントで販売しています。一杯どうですか」
 ビールではなく純米酒を注いでもらった。
 左隣に「松花鶴」という名の地酒の蔵がある。
 「どこのお酒ですか?」「藤井寺です」「ああ、藤本酒造ですね、前に一度新酒会の時行かせてもらいました」
 2〜3年前に藤井寺在住のエッセイスト・川上恵先生の案内で蔵を訪れた。
 「あの時、タンクからじかに新酒を注いでもらいました。美味しかったです」
 「今日は新酒ではないけど一杯飲んで行ってください。「いのまなり」という名のお酒もあります」ご主人がにこやかに酒を勧めた。
 「井真成(いのまなり)は藤井寺出身の遣唐使で、唐で病気になって死んだけど、平成の時代に中国で彼の墓誌が見つかり、故郷の藤井寺に墓誌が里帰りしたんや」妻に井真成の生涯を説明した。
 隣は「元朝」という地酒蔵だ。純米吟醸酒や純米酒はすでに売り切れ、残っていた大吟醸酒を注文する。なめらかな味わいで結構旨い。もらったパンフレットを見ると、これも岸和田の酒だ。紀州街道沿いの古い蔵のようだ。
 「岸和田に二軒も酒蔵あるんやから、一遍行ってみたい」「岸和田はカルチャーで何回も行ってるので、町も案内できるで」グイ呑み片手に残りもう一杯の酒蔵を求めて歩く。
 そろそろどの蔵も完売に近づき、店じまいを始めている所が多い。
 「チケット残り300円分、どのお酒にする?」
 「枚方の「利休梅」も飲んだことあるし、やっぱり最後は河内長野の「天野酒」にしよう」天野酒・大吟醸を二人で分け合った。
 和らぎ水は時々飲んだが、アテなしで酒ばかり飲んだので一時間足らずでも、だいぶお酒がまわってきた。
 「そろそろ引き揚げるとしようか」「もう満足満足」妻も堪能したようだ。
 最後に会場全体の様子をカメラに収めた。高層ビルの谷間で日本酒を楽しむ会もまたいいものだ。

天満2.JPG

 帰りは大川端を歩き、jR環状線、桜宮駅に出ることにした。大川に架かる源八橋から川面を眺める。
 幾分火照った頬を爽やかな風がなでる。川べりの新緑が美しい。遠く向こうに大阪城の天守がポツリと見えた。
posted by yoidore at 15:08| Comment(0) | 連載