2011年08月21日

福岡・八女の地酒「繁桝」

 夏の盛り、福岡・八女市の地酒「繁桝」の酒蔵を訪ねた。

 鹿児島の親戚に会いに行き、その帰り九州新幹線・筑後舟小屋という駅に下り立った。

 今年三月に開通したばかりの新幹線、筑後舟小屋は人気がなく下車したのは私達夫婦ともう一人だけ。構内の売店は閉まり、田んぼの真ん中にポツンと立つ駅周辺には食堂すらない。駅の中かすぐ外で昼食にしようと思っていたあてがはずれ、一瞬とまどった。

 新幹線と並行して走る鹿児島本線・舟小屋駅がすぐ傍にある。

 「ここら辺りで食事する所はありませんか。『繁桝』の酒蔵まで行きたいのですが、そこまで行った方がよろしいか?」暇そうにしていた改札室の駅員さんに尋ねた。

 「ここは、何もなかですよ。そちらへ行った方がよかです。」駅員さんは迷わず答えた。

 タクシーに乗る。

 親切な運転手さんは、酒蔵近くの食堂まで私達を乗せ、蔵を出るまで私達を待っていてくれるという。

 「一日に一人か二人乗せるぐらいですから駅に戻ってもいっしょなんです」

 タクシーの運転手はポツリとつぶやいた。

 食堂で食事をしていると酒蔵の高橋商店の奥さんから電話がかかってきた。約束の1時半が過ぎている。

 蔵の入口の前で高橋商店の男女お二人が待っておられ、私達を出迎えて下さった。

 事務所で来意を告げ、工場長で杜氏でもある池松さんとしばらく話をし、蔵を案内してもらった。

 img-821134448.jpg

 「享保2年(1717)創業の蔵です。『繁桝』の名の由来は、創業者が高橋繁二郎といい、『益々繁盛』とを掛けて名付けたんです」

 池松さんが私達を蔵に案内しながら、さっきから聞きたかったことを説明された。

 「お酒を仕込む時には、13人の職人が全て泊まり込んで朝3時半から酒造りをします。酒蔵の床を染め直し、天井や柱も柿渋で塗り替えるんです。大体二千石の米を仕込みます。」

 柿渋塗りの蔵の太い柱や棟木が黒く光っている。蔵の中には幾つものタンクがあり、敷地もかなり広い。

 「酒の味を一定にするため、二回瓶詰めをします」次々に蔵を案内しながら池松さんが説明する。

 帰りの時間が気になり出したところで蔵の奥の部屋に案内された。蔵で造っている数々の銘柄の酒が10本程横一列に並べてあった。

 前もって来訪を告げていたので準備しておいて頂いたと思われる。

 端の酒から池松さんは次々に試飲グラスに酒をつぎ、私達に勧める。

 「一気にこんなたくさん飲むと酔っ払うので少しずつで結構です」

 妻はお構いなしにつがれた酒をグイグイと飲んでいる。

 「うちのお酒は、日本航空の国際線ファーストクラスで全国で初めて採用されました。平成元年です。『箱入娘』というお酒です。」

 「箱入娘」も並べてあったので一口飲んだ。

 「繁桝」と同様、香りがあって美味しい。「繁桝」はいつも行く大阪 福島区野田の居酒屋「神水」で初めて飲んだ。香りが良くキレのいいスッキリした酒である。

 「純米吟醸と特別純米の四合瓶を下さい。」帰りの時刻が近づいたので二本注文した。

 「あの、『箱入娘』も一本下さい。お誌様が結婚される方にプレゼントしたいので」。妻が言う。

img-821134506.jpg
 
 「また、ゆっくりと来て下さい。お待ちしております。」

 池松さんは私達を門の前まで見送って下さった。

 帰る間際さらに追加して買った一合瓶の「繁桝」を今夜泊まる宿で飲もう。

 帰りのタクシーの中でそう思うと、「繁桝」の香りと味が口の中いっぱいにジワリと拡がった。
posted by yoidore at 14:46| Comment(0) | 連載
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: