2011年09月19日

綾花を求めて

 福岡県
久留米に「綾花」という美しい名の地酒がある。

 私のつい最近の教え子に吉村綾花というシンガーソングライターがいる。大学三回生で大阪のライブハウスでミニライブを行い、CDも数枚出している。踊りも上手でのびやかな声が魅力的な歌手である。

 中学生の頃、彼女は「Sweets」という5人のユニットで歌手活動をしていた。中学を卒業し、一時グループは解散したが、彼女は関西の有名私大へ入学し、ソロ歌手として再デビューした。

 地酒「綾花」を知ったのが先だったか、綾花が再デビュー下のが先だったか。

 二人の「綾花」に出会った。

 地酒、「綾花」は柔らかく、旨みのある美味しい酒だ。ほのかな香りと酸味が程よく調和している。

 地酒「綾花」を知り、私は吉村綾花にその酒のラベルを色紙に貼って贈った。彼女が大学に入学して間もない頃で、彼女はまだ酒が飲めなかった。私はひそかに彼女が二十歳になったとき、地酒「綾花」をプレゼントしようと心に決めていた。

 今年の夏、佐賀にいる二人の伯母に会った帰り久留米近くの「綾花」の酒蔵に行くことにした。その蔵から直接、吉村綾花に「綾花」を贈る。彼女は二十一歳。一年遅れの念願がかなう。

 佐賀の鳥栖から鹿児島本線に乗り換え、久留米の次の荒木という駅で下りる。タクシーで15分程、田園地帯を南西に走ると三潴町に着く。旭菊酒造は広々とした田の中にポツンと建っていた。

 タクシーを降りると蔵の事務所からすぐに社長さんが出て来られた。その時間に訪れる旨を電話で知らせていた。社長さんは蔵が休みなのに、私達のためにわざわざ出迎えて下さったのだ。

 案内された蔵で、わざわざ蔵を開けてもらったお礼を言い、「綾花」との出会いや、教え子吉村綾花の話もした。綾花のポスターを渡し、彼女の通う大学の話をした。

 「私も綾花さんと同じ大学です。」いきなり社長さんが告げた。これには驚いた。不思議なつながりで二人の綾花は結ばれていたのだ。

 「大阪の地酒『秋鹿』の社長は同じ大学の一つ違いの先輩です。」「『秋鹿』の奥社長は私達も数回お会いしています。」人とのつながりがどんどん膨らむ。「ついこの間、大阪の『山中酒の店』にも行ってきたところです。淡路の上畑酒店の方とも懇意です。」

 「私達は、上畑さんとのつながりのある福島区のそば処『からに』で『綾花』に出会ったんです。」

 突然、社長さんが昨年、蔵が火事で焼失した話を始めた。ホームページでそのことは知っていた。

 「去年の5月31日のことでした。昼間、蔵の屋根から火が出て、仕込み蔵が全焼しました。造ったお酒も3分の2がダメになりました。」

IMG.jpg

 社長さんは焼け焦げ真っ黒な柱の塊となった蔵の写真を見せてくれた。

 「でも、私はすぐに蔵を建てようと思ったんです。工事を依頼した町の建設業者の方が昼夜を問わず懸命に新しい蔵を作ってくれたんです。去年の11月に何とか新しい蔵が建ち、今年二月の新酒の蔵開きに間に合いました。」

IMG_0001.jpg

 その新しい蔵に社長さんが私達を案内した。扉を開け、中の仕込みタンクも見せてもらった。

 「落ち込んでいる暇もなかったです。」

 社長さんは朴訥でもの静かな方だが、前向きで腹の据わった強い人だと思った。

 IMG_0002.jpg

 新しい蔵の横のレンガ造りの建物が焼け残り、昔の蔵の面影を残している。

 この社長さんともっともっと酒造りやいろいろな話をして見たいと思った。

 帰りの電車の時間が迫り、待ってくれているタクシーも蔵のすぐ傍までやって来た。

 吉村綾花や他の人達にプレゼントするため、「綾花」や「大地」という酒を注文し、自宅に送ってもらう手続きを済ませ、タクシーに乗り込む。

 タクシーに乗る前、社長さんに「頑張ってください。」と声を掛けた。

 「頑張ります」社長さんは強い目で私の方を向いて言った。

IMG_0003.jpg

 「綾花」の今までの優しいイメージに、芯のしっかりした強いイメージが加わった。
posted by yoidore at 10:19| Comment(3) | 連載
この記事へのコメント
斉藤先生、此花区の山口です。コメント遅くなりました。すみません。全部は読んでいませんが、面白そうですね!今から神水に行きます。また、お話できるのを楽しみにしています。それでは後ほど。。。
9/22
Posted by 山口貴充 at 2011年09月22日 20:18
先程、メールアドレスを忘れていました。追記します。
それでは、今から神水に行きます。今日は斉藤先生ご夫妻は、いらっしゃるのでしょうか?先生推薦のお酒を楽しみにしています。
山口
Posted by at 2011年09月22日 20:29
綾花もぜひ飲んでみたいお酒ですが、
"片野桜"は本当においしいお酒でした。
ハマリそうです。先生にお会いできなかったので、今日は久しぶりに二日酔いになりました。
結婚記念日なので嫁が、、、トホホホホ。。。

Posted by 酔いどれ山口 at 2011年09月23日 09:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: