2014年08月14日

「千葉県、佐原・『東薫酒造』」2014.7.29

 息子・娘に会いに千葉を旅行した時、香取市、佐原の「東薫酒造」を訪ねた。
 東京からJR総武本線と成田線を乗り継ぎ、佐原には午後二時過ぎに着いた。
 佐原は「北総の小江戸」と呼ばれ、古くから利根川水運の中継地として賑わった町だ。黒壁の蔵を持つ商家や千本格子の町家が小野川沿いに軒を連ね、江戸時代の面影を残している。旅雑誌に載っていた町並みを見て、ぜひともこの町に行きたいと思った。
 「『東薫酒造』という酒蔵もある。日曜日も蔵は開いていて、酒蔵見学も出来るそうやで」妻に告げた。
 小野川沿いの町並みを歩き、海産物の干物や佃煮などを売る元醤油蔵や民芸品の店で土産を買ったりしていると三時過ぎになった。

東薫1.JPG

 「蔵見学は4時までだから、先に酒蔵に行こう」
 伊能忠敬旧宅など見どころがまだ残っているが、小野川沿いの中心街を離れ、南西へと伸びる道を辿った。

東薫2.JPG

 酒蔵に着くとちょうど最終見学の時間だった。案内の男性に導かれ、薄暗い蔵に入る。目の前に大きなタンクが幾つも並んでいる。「6681リットル、一升瓶3710本、7,420,000円」と書かれた紙がタンクに貼ってある。
 「一日一升飲んでも10年はかかります」具体的な説明にやっと実感が湧いた。
 蔵の二階に上がる。低い天井の、広い板敷きの部屋だ、床板の所々に八角形に切った大きな穴が開いている箇所がある。
 「ここはさっきのタンクの蓋に当たる所です。覗くと蓋が見えるでしょう」
 隣の狭い部屋に行く。幾本かの酒瓶を並べたガラスケースの前で案内の男性が説明する。 
 「昔は佐原には35軒の酒蔵がありましたが、今は2軒だけになりました」
 ガラスケースの上には何枚もの賞状が並べられている。
 「この『叶』という大吟醸酒は全国新酒鑑評会で今年も含めて14回金賞を受賞したお酒です。一升瓶で原価、1万5千円です。及川恒男という南部杜氏によって造られました。『十人の口に合う酒』という意味で『叶』と付けられました」男性は漢字の「十」と「口」を指さしながら説明した。
 「隣の酒は『夢』という大吟醸ですが、精米度が少し低く、一本5千円です。『叶』と合わせ、『夢が叶う』酒です」男性は慣れた口調で語り続けた。
 一階に降り、酒造りの古い道具を見学した後、中庭に戻り、いろいろな種類の酒を試飲した。「叶」だけは有料で、グラス一杯300円したが、やはり蔵の人が自慢するだけあってコクのある旨い酒だった。
 土産に「卯兵衛」という純米吟醸酒と、「東薫」純米吟醸原酒の720mlを買った。
 東薫酒造は文政八年(1825)創業だという。
 水郷地帯の良質の米と水運に恵まれ、170年間酒造りを続けてきた。大阪ではあまり見かけない酒だが、蔵人が誇りを持って世に送る名酒だと思う。
 江戸の面影を色濃く残すこの佐原の地で、いつまでもこの名酒が醸され続けることを願った。
posted by yoidore at 15:14| Comment(0) | 連載