2014年01月13日

「京都・伏見『藤岡酒造』再訪」 2013・12・2

 「久しぶりに『蒼空』の蔵に行かない?」日曜日の午前、ポツリと妻が言う。今日は特に仕事がないようだ。天気もいいし、たまに日曜日に出かけるのもいいだろう。土曜日は大概はカルチャー野外講座の町歩きで疲れ、日曜には安息日にすることが多い。
 「蒼空」の蔵・藤岡酒造は年に2〜3回は訪れる。蔵との出会いは酒蔵訪問のエッセー集の第一回にかいたのでここでは割愛する。
 蔵が出来たのが11年前の平成14年。私達が初めて蔵を訪れ、「蒼空」に出会ってから8〜9年はたっている。
 妻は初めて「蒼空」を飲んだ時からすっかり蔵のファンになり、仕事が暇になった時、一人でフラリと蔵を訪れたりする。大阪出身で、気さくで話好きな女将さんと店内の「酒蔵BARえん」で飲んで語り合っていると時間がたつのを忘れると言う。
 午後3時前、藤岡酒蔵に着いた。
 蔵の土間の右側は「蒼空」のデコレーションとちょっとしたカウンターがあり、ここでも2〜3人なら椅子に座って酒が飲める。左側は畳の間で中央に囲炉裏がある。ここにも5〜6人は座れる。私達が時に気に入っているのは、その奥の「酒蔵BARえん」である。畳の間から腰掛けられる小さなカウンターが設けられている。女将さんや店員さんが前に立ち、好みの「蒼空」をグラスに注いでくれる。その向こうはガラス張りになっていて、正面に酒を仕込んだ大きなタンクが三つ並んでいる。タンクの上に通り道があり、時々杜氏さんがタンクの中をのぞきに来たりする。酒造りを真近に見ながら搾りたての「蒼空」が飲める。こんな蔵はお目にかかったことがない。この空間がなんともいいのだ。

蒼空1.JPG

 「酒蔵BARえん」は客が入れ替わり、ちょうど空いていたが女将さんはいなかった。
 若女将が私達に酒を注いでくれた。
 「さっきまで居られたのですが・・・」と残念そうに言われた。
 「『純米生のかすみ酒』を下さい」最初の一杯を注文した。これは今までなかった酒だ。うすにごりで香りがよくとても美味しい。
 「私は特別純米・短稈(たんかん)渡船(わたりふね)生原酒を」妻が言う。「渡船」というのは酒米の名前だ。妻から少し飲ませてもらったが、これもやわらかい口当たりで旨味が口の中に拡がる。アテの山うに豆腐をチビチビ食べながら、次の酒を飲む。雄町という酒米の無濾過生原酒。新商品だと言う。少し渋みがあって、常温で飲んでも美味しい。妻は山田穂産・純米吟醸を飲んでいる。キリッとした味わいの酒だ。

蒼空2.JPG

 「今は新酒の仕込みの時期で忙しいでしょう」無口な若女将に語りかけた。
 「ハイ、杜氏1人、蔵人1人、アルバイト2人の4人でお酒を造っています。」
 「息子さんはいくつになられましたか?」
 「来年小学校に上がります。」
 私達が初めて来た時には主人の正章さんはまだ独身で、女将さんが「いいお嫁さんはいませんか」とこぼしていた。
 「息子がやっと結婚してくれました」
 次の年、うれしそうに女将さんが報告されたのを思い出す。
 「蒼空」との付き合いも長い。
 「タンクはこの奥に2つ出来て5つになりました」若女将が言う。
 それでもたった5つのタンクで主人の正章さんは、精魂込めて美味しい「蒼空」を造り続ける。数少ないのであまり居酒屋で見かけることはない。
 「青空を見上げるとホッとできるように、飲んだ人が優しい気持ちになれるようなそんなお酒を造りたい」
 正章さんの酒造りの心と「蒼空」の名の由来である。
 時々、フッと「蒼空」が飲みたくなり、私達はフラリと伏見に向かう。

蒼空3.JPG

posted by yoidore at 18:13| Comment(1) | 連載